問い合わせバスケット ( 0 )
会社情報
  • Jiangmen Wellway Houseware Co.,Ltd

  •  [Guangdong,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー , 貿易会社
  • Main Mark: アメリカ大陸 , アジア , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , 西ヨーロッパ , 世界的に , その他の市場
  • 輸出国:71% - 80%
  • 本命:BSCI, ISO9001, FDA, RoHS
  • 説明:アウトドアに行く,エコフレンドリーで閉鎖的な自然,新鮮でシンプルな
Jiangmen Wellway Houseware Co.,Ltd

Jiangmen Wellway Houseware Co.,Ltd

アウトドアに行く,エコフレンドリーで閉鎖的な自然,新鮮でシンプルな

Title
  • Title
  • すべて
ホーム > 製品情報 > コーヒーシリーズ > コーヒーびんを注ぐ > 紅茶やコーヒーのためのエコフレンドリーなキッチンケトル
オンラインサービス

紅茶やコーヒーのためのエコフレンドリーなキッチンケトル

共有へ:  
お支払い方法の種類: L/C,T/T,Paypal
Terms of Trade: FOB,EXW
最小注文数: 2000
納期: 50
基本情報
モデル:WWDP-06H
アプリケーション(ケトル用): ウォーターケトル
Volume: Less Than 1 Liter
材料: ステンレス鋼
カバー: カバー付き
認証: FDA, CE / EU, LFGB
Usage: Travel Outdoor,Home,Coffee Shop
Feature: Simple,Eco-friendly,Closing To Nature
Material: Stainless Steel
Style: Coffeeware
Additional Info
包装: 1pc / polybag +ホワイトボックス
生産高: 100000 Piece/Pieces per Monthg
ブランド: OEM / ODM
輸送方法: Ocean,Air
原産地: 広東、中国
供給能力: 100000 Piece/Pieces per Month
認証 : FDA,LFGB
ポート: Shenzhen,Jiangmen
製品の説明

エコフレンドリーなキッチンケトルは、コーヒーやお茶の愛好家に最適です。木製のハンドルを使用すると、環境にやさしい、特別で新鮮なように見えます。あなたの人生がいくつかの自然の要素を強化しましょう。それはあなたの手を傷つけないように保護することができ、より良いバランスコントロールは、コーヒーやお茶の素敵なカップを無駄にしないで、あなたのカップの上に注ぐ。エコフレンドリーなキッチンケトルのこの種のあなたの選択のための2つのサイズがあり、非常に小さいです、それは外出するためにそれをもたらすために便利です。このケトルは耐久性があり、品質上の問題を心配しないでください。

私たちはあなたに最高のサービスを提供し、あなたの質問に対処します。さらに、私たちはカスタムパッキングとカスタムロゴを提供することができます。あなたが参照するために引用や引用をする必要がある場合は、私たちに連絡することを躊躇しないでください。
あなたを待っています。


茶またはコーヒー用のエコフレンドリーなキッチンケトルの説明


タイプ:コーヒー&ティーツール

サイズ:0.35L / 0.6L
材料:SS304およびホウケイ酸ガラス
カラー:カスタマイズ
仕上げ:サテン仕上げ、鏡面仕上げ、カラー塗装
ロゴ:レーザーロゴ、エッチングロゴ、シルクプリントロゴ、エンボスロゴ、デカールロゴ
MOQ:2000 PCS /セット
パッケージ化:ホワイトボックス、メールボックスまたはカスタマイズされたパッケージ
サンプル時間:7〜10日
リードタイム:60日後の預金
お支払い:T / T、L / Cまたはその他
お支払い期限:生産前の30%の預金とコピーB / Lに対する70%の残高
Stainless Steel Pour Over Gooseneck Kettle Metal 1With Wooden HandleStainless Steel LidEasy To CleanFresh Or Simple Design


当社のサービス
1:OEMサービスが利用可能です。
2:早い生産時間。
3:使用可能なサンプル。
4:24時間以内に速やかに返信してください。




製品グループ : コーヒーシリーズ > コーヒーびんを注ぐ

この仕入先にメール
その他の製品
サプライヤーと通信?サプライヤー
Ben Mr. Ben
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する